[あいつ今]こさこもとし(古佐小基史)の妻や子供と経歴について![愛光の神]

こんにちは。
2020年3月25日放送の「あいつ今何してる?」にジャズハーピストの古佐小 基史(こさこ もとし)さんが出演されます。

古佐小 基史さんは、愛光中学高等学校 の神と呼ばれた天才 として紹介されるのですが、一体どういった方なのでしょうか!?

古佐小 基史さんは、現在ジャズハーピストとして活躍されていますが、経歴やプロフィール、結婚されて妻(嫁)や子供はいらっしゃるのかについてリサーチしていきたいと思います。

スポンサーリンク

古佐小基史のプロフィール(経歴)

プロフィール
名前:古佐小 基史(こさこ もとし)
生年月日:1971年5月23日
出身地:愛媛県松山市
出身校:道後聖母幼稚園  松山市立湯築小学校  愛光学園中学校 愛光学園高等学校
最終学歴:東京大学理科二類
居住地:アメリカ カリフォルニア

 
 
 

経歴について

 
古佐小 基史さんは、愛光学園を卒業した後に、東京大学理科二類を現役で合格。
さすが、愛光学園の神といわれるだけありますね!
 
 
 
 
 
大学時代には看護師と保健師の資格を取得します。
大学卒業後には、東京大学医学部付属病院精神神経科に看護士として勤務されますが、自分自身の学歴や経歴の通用しない世界で生きてみたいという理由から退職して渡米されました。
 
 
 
 
中高時代に、アマチュア・ロックバンドでエレキギターを演奏していた古佐小さんは、1992年よりプロのジャズギターリストとして活躍されていたこともありました。
 
 
 
 
活動渡米されてからギターリストの道から、ハープ奏者へ転向を決意。
独学でハープを学びストックトン交響楽団に合格して活躍されるまでになったのです。
 
 
 
 
クラシックハープ奏者であったのですが、ジャズ界に広げていき、トップクラスハープ奏者として現在まで活躍を続けられているのです。
 
 

古佐小基史の音楽の経歴まとめ

古佐小 基史さんのハーピストとしての経歴を簡潔にまとめましたのでご覧ください。

2002年 クラシックのアルバム 「Celestial Harp I 」 を発表

2003年 クラシックのアルバム「Celestial Harp II」を発表

2007年 Lyon &Healy社主催の国際ジャズポップ・ハープコンクールにて、ペダルハープ部門の二位を獲得

2008年 オリジナルのジャズ・アルバム “Naked Wonder”をリリース

2009年「ハープの未来2009(横浜)」にジャズ・ハーピストとして出演

2010年 アルバム“Place in the heart” をリリース

2010年 2011年 来日公演を行う

2013年 ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ・ハープフェスティバルに参加

2013年 ソロ・ハープアルバム”On The Way Home” をリリース

2014年 在米日本人ギターリスト 笹島明夫氏とのプロジェクトを開始

その他の活動としては、作曲家対象のハープに関する講座、ハープ奏者対象のワークショップ、音楽療法に関する講演など、多岐に渡って活動されているのです。

アメリカに住まれているのに、日本でも活動されていて、本当にワールドワイドに活動されていますね!

スポンサーリンク

古佐小基史は結婚して妻や子供はいる?

古佐小 基史さんはご結婚されていて、奥様とお子さんが3人いらっしゃいます。

出典:https://ameblo.jp/musiclife-in-nature/entry-12407114781.html

このお写真は昔の写真で、お子さんたちはもうみなさん成人されています。

お子さんは奥様の連れ子なので、古佐小さんの本当のお子さんではないのですが、本当のお子さんのように大切に育てられたようです。

お写真からみてもとても慕われている仲のよさが伝わってきますね。

奥様はタイ式マッサージのセラピストとして働かれているようです。
お子さんの写真からして、奥様はアメリカの方なのかなと思いました。
また情報が入り次第追記させていただきます。

現在の生活について

出典:https://ameblo.jp/musiclife-in-nature/entry-12407114781.html

古佐小さんは、現在もアメリカで生活されながら、ハープ奏者として活動されています。

しかしコロナの影響により、3月~4月の音楽活動は全てキャンセルとなってしまい、5月終盤のコンサートまでなくなってしまったそうです。

古佐小さんは自給自足の生活をされているので、食糧に困ることはないそうですが、

他のファームの手伝いなどのアルバイトをしながら生計を成り立てていかれるとブログにかかれていました。

幸い借金はなく、3名の子供はすでに巣立ってますし、食料もある程度自給できるし、家や車のメンテも自分でやれるので、日常生活の最低経費とハープを維持する現金収入さえ得られれば、なんとか生きていけます。音楽の仕事がこのまましばらく消滅してしまうのなら、他所のファームの手伝いなどのバイトをしながら、自宅ファームの農業収入を増やすなどの方策を考えないといけません。

 食料に関しては、卵は毎日1ダース、ミルクが2リットル、豚1頭とヤギ2頭はいつでも潰して食料にできるし、2ヶ月もすれば24羽の肉用鶏が食べごろになります。5月からは野菜もぼちぼちできてくるので、餓死することはないですね。むしろ、食うよりも出す方が問題で、尻を拭く紙が不足気味。でもまあ、それで死ぬことはない。

出典:https://ameblo.jp/musiclife-in-nature/entry-12407114781.html

コンサートなどの自粛がなされているので、音楽活動ができない状態で大変かと思います。
コロナが収束したら、またどんどん音楽活動を再開していただきたいですね!

スポンサーリンク

おわりに

今回は、[あいつ今]こさこもとし(古佐小基史)の妻や子供と経歴について![愛光の神]
と題して記載いたしました。

全くの未経験であったハープを独学で学び、今やプロとして活躍されている古佐小さん。
努力や生き方など、とても素敵だなと思いました。

「あいつ今何してる?」の放送でどのようなお話がされるか今からとても楽しみですね!
それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする