[訃報]志賀廣太郎は結婚して妻(嫁)子供は?死因や病歴についても!

こんにちは。
今日は俳優の志賀廣太郎(しが こうたろう)さんをとりあげていきたいと思います。

志賀廣太郎さんは、2020年4月20日に誤嚥性肺炎の為お亡くなりになられていたことが発表されました。志賀廣太郎さんに家族がいらっしゃったのか気になりますね。

志賀廣太郎さんは結婚して妻(嫁)子供がいるのか、死因と病歴についても調査をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

志賀廣太郎は結婚している?(妻・子供)

 

志賀廣太郎さんが結婚されているかについてですが、ご結婚されたことはあるのですが、40代の時に離婚されているようです。

30代で一般の女性とご結婚され、40代で離婚されています。
お子さんについてですが、全く情報がなく、お子さんはいらっしゃらなかった可能性が高いです。

テレビなどでも全くお子さんについての話題もふれなかったようです。
志賀さんは、若いときは大学講師と劇団をかけもちされるという、とても多忙な生活を送っておられたので、忙しすぎて、お子さんができなかったのではないでしょうか?

志賀さんのお別れ会の喪主についても弟の健二郎さんがされると報道がありますので、お子さんはいらっしゃらないように思います。御家族の情報については、追って調査をしていきたいと思います。

最近では志賀さんは、都心から離れている築70年のエレベーター無しの団地で一人暮らしをされていたようです。芸能人なので、イメージとしては高級な暮らしを想像していたのですが、質素に暮らされていたのがうかがえます。

志賀廣太郎の死因は?

志賀さんの死因は、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)であると事務所から発表されています。

出典:https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/aspiration_pneumonia

誤嚥性肺炎とは?
食べ物や飲み物、あるいは唾液などを飲み込むことを嚥下(えんげ)といいます。健康な人であれば、嚥下すると口から食道を通って胃に入っていきます。しかし嚥下機能が低下すると、食べ物などが口から気管に入ってしまいます。これが誤嚥(ごえん)です。誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や食べ物などと一緒に誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症する疾患です。

引用元:https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/aspiration_pneumonia/

志賀さんは過去にも病気を患っていらっしゃたようなので、もしかすると体力的にも弱っていらっしゃった可能性もあります。

過去にご病気についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

病歴について

志賀さんは、2019年4月に脳梗塞を発症し、手術を受けられています。

4月6日の朝4時半ころ、志賀さんと連絡が取れないためスタッフが自宅を訪問し倒れている志賀を発見。5時ころに病院へ救急搬送され、緊急手術をされたそうです。
そして、この手術を受けられてから、復帰に向けてリハビリを続けておられました。

こちらの脳梗塞の他には過去にご病気をされていたという情報はありませんが、体調不良により降板されていることもありました。

過去の降板作品について

2019年NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に春野先生役にて出演予定だったのですが、体調不良のため降板。

出典:https://geitopi.com/

激やせされていたことから、何かの病気では?との噂もあったのですが、ご本人によると疲れが原因とおっしゃっていました。

体調は問題ないものの、大河ドラマのスケジュールがタイトなため、自ら降板して代役をたててもらうことにしたそうです。

大河ドラマは撮影も長期間ですし、スタジオに缶詰めとも聞きますので、体調のよくない志賀さんにとっては、体力的にもきついのかもしれないですよね。途中降板となると迷惑もかけてしまうことを考えられて、早めに降板を申し出られたのでしょうね。

志賀廣太郎のプロフィール

プロフィール
名前:志賀 廣太郎(しが こうたろう)
生年月日:1948年8月31年(71歳没)
出身地:兵庫県
血液型:AB型
身長:165㎝
学歴:桐朋学園大学短期大学
事務所:レトル
SNS:  https://twitter.com/Schau1948spiel

 
 
志賀さんは、兵庫県に生まれ、幼稚園時代に東京へ引越し、その後東京で育ちます。
学歴についてですが、中学校は、世田谷区立船橋中学校卒業で最終学歴は、桐朋学園大学短期大学・桐朋学園大学短期大学部専攻科演劇専攻修了です。
 
 
 
志賀さんは中学校、高校の頃から演劇部に所属されるなど演劇に興味をもっていらっしゃて、ヨーロッパの原作の劇がどう演じられているのか気になり、ドイツまで留学されているのです。
 
 
 
役者としてのデビューは40歳からと遅かったのですが、ドイツで講師をされたりととても様々なご経験をされており、そういったことか演技に深みがあって、唯一無二の役者さんだったようにも感じます。
 
 
 
★略歴★

●1971年 桐朋学園大学短期大学部専攻科演劇専攻修了
●1971年~1973年 上記大学のゼミの助手を務める
●1974年 ドイツ シュトゥットガルトの専門学校へ入学
●ウイーンの日本人補修授業校の国語教師に赴任
●1977年 帰国
●1978年 桐朋学園大学短期大学の演劇科の非常勤講師に赴任
●1990年 舞台「光の都」に出演
●1993年 劇団「青年団」の正式団員となる
●1995年 アップルコンピューターの「アップルマジック’95」CMに出演
●1998年 映画「もう、ひとりじゃない」で映画初出演
●2001年 「学校の怪談」ドラマ初出演
●その後、ドラマ 舞台 映画 CMなど多岐に渡って活躍し現在に至る

 
スポンサーリンク
 

おわりに

今回は、[訃報]志賀廣太郎は結婚して妻(嫁)子供は?死因や病歴についても!と題して記載いたしました。志賀さんは、婚姻歴があるが、離婚されていて、お一人暮らしをされていたことがわかりました。

志賀さんが出演されている作品を見るとなんだかほっとする気持ちになります。
日本のお父さん的な方で、とても素敵な演技をたくさん届けて下さいました。

もっとたくさんの作品を見せていただきたかったのに残念で仕方ありません。
今まで、数々の素敵な演技を届けてくださり本当にありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

▼関連記事はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする