津田実(つだみのる)はアルコール依存症か?!役職も判明!【画像あり】

今年7月に、トイレ製造大手のTOTOの社員が女性を暴行して逮捕されました。

逮捕された津田実容疑者(49)は、犯行について、お酒を飲んでいたので全く覚えていないといます。

勤務先まで全国に知れ渡ることになり、代償は大きすぎますし、何より被害にあわれた女性が本当にお気の毒です。

津田実容疑者の勤務先情報や役職、犯行は病気によるものなのかについて調査いたしました。

スポンサードリンク

事件の概要と犯行場所は?

まずは事件の概要をみてまいりましょう。

ことし7月、東京・新宿区の路上で帰宅途中の女性の頭を繰り返し蹴るなどしてけがをさせたうえ、わいせつな行為をしたとして49歳の会社員が逮捕されました。

逮捕されたのは、北九州市の会社員、津田実容疑者(49)です。

警視庁によりますと、ことし7月、新宿区新宿3丁目の路上で帰宅途中の女性に体当たりして押し倒し、頭を蹴るなどして3週間のけがをさせたうえ、体を触るわいせつな行為をした疑いが持たれています。

現場の近くの防犯カメラには、繰り返し女性の頭を蹴る様子が映っていて、けがを訴えて抵抗する女性に対し、「おつかれさんです」と言いながら暴行を続けたということです。

女性との面識はなく、前の日から出張で北九州から東京に来ていたということです。

警視庁によりますと、逮捕直後の調べに対して津田容疑者は「酒に酔っていて全く覚えていない」と供述していましたが、その後は黙秘しているということです。

引用<https://www3.nhk.or.jp/news/>

津田容疑者は、出張で東京にきていた際に、事件を起こしています。

犯行場所は新宿3丁目の路上ということです。

▼新宿3丁目

笑っていいともで有名な、アルタビルがあることでも知られています。

お酒によっていたということですから、同僚、もしくはひとりで、飲んだ後での 犯行といったところかと思います。
帰宅途中の女性に体当たりして、ぶつかり、顔を蹴ったというのですから、 女性はたまったものではありません!
何の面識もない男から、いきなりぶつかられ、怪我をおわされるとは、おちおち歩くことすら怖い世の中だということです。
不幸中の幸いに、近くの防犯カメラに犯行の様子がうつっており、津田容疑者は 「おつかれさん」といいながら蹴っていたといいます。
何がおつかれさんなのでしょうか。
意味がわかりません。
本人は酔って覚えていないといいますが、その後は黙秘しているとのこと。
しかし、一人で歩いている女性を狙った犯行なので、人物を品定めしていると思われても仕方ありません。
そういったところから、覚えていないという言い訳が通用しないのではないでしょうか!?
スポンサードリンク

津田実容疑者の詳細は(役職)?

名前:津田 実
年齢:49歳(逮捕時)
住所:北九州市小倉北区大手町
勤務先:TOTO
役職:技術主査
容疑:強制わいせつ致傷容疑
津田容疑者は、TOTOの北九州の会社において、技術主査であると報道されています。
一般的に主査とは、係長クラスだといわれていますので、部下の意見をまとめたり、指示をだしたりと、上にたつ立場だったのでしょう。
家族がいるかどうかは不明ですが、仮にご家庭があったとしたら、家族もとんでもない迷惑をこうむったことになります!
スポンサードリンク

津田実(つだみのる)はアルコール依存症?!

津田容疑者の、『酒に酔っていて全くおぼえていない』

という言葉が真実だとするならば、アルコール依存症の可能性はないでしょうか?

症状は精神的依存と身体的依存から成り立っており、飲酒が自分の意志でコントロールできなくなる症状を精神的依存、振戦せん妄などの退薬症状(アルコール離脱症候群、リバウンドともいう)を身体的依存と言う。患者は、アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり、様々な事件や事故・問題を引き起こしたりして社会的・人間的信用を失ったりすることがある(アルコール乱用)。

引用<https://ja.wikipedia.org/>

アルコール依存により、アルコール認知症も引き起こし、記憶がなくなるなどの認知症の症状があらわれることもあるそうです。

いずれにせよ、おこしてしまった犯行はとても許される行為ではなく、

しっかりと猛省し、被害者のお詫びをしていただきたいですね!

スポンサードリンク

おわりに

今回は、トイレ製造大手のTOTOの社員、津田実容疑者の事件について記載いたしました。

夜道のひとり歩きは何がおこるかわからないと改めて感じました。

日本は治安がよい国だといわれていますが、こうした事件のニュースを聞くと、

自分の身は自分でいかに守るかを、考えさせられます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする